現在ではマンチェスター・シティで世界最高峰のプレイメイカーとして台頭したベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネ。

しかしかつてはチェルシーでほとんど出番を得られない時間を経験し、それから一度ドイツ・ブンデスリーガに渡って復活したという経歴も。

『La Sexta』によれば、当時チェルシーに所属していたジョン・テリーはポッドキャストで以下のように話していたという。

ジョン・テリー

「当時、ケヴィン・デ・ブライネは指導するにあたって簡単な人物ではなかったんだ。

彼はあまりプレーできなかったからなのか、いつも頭を下げて不貞腐れていた。常に怒っていて、機嫌が悪かった。

まるで、トレーニング場にやってきたにもかかわらず、誰とも一緒に遊ばないような変わり者の子供のようだった。

サミュエル・エトーがいたときのことを覚えているよ。デ・ブライネはエトーが求めるような努力をしていなかったから、キャンプで大喧嘩になったんだ。

当時はジョゼ・モウリーニョが監督を務めていたが、彼は今よりもかなり厳しい人物だった。

デ・ブライネは不運だったよ。当時のモウリーニョは相手のことをあまり気にしない人物だったからね。誰かに好かれようとはしない男だった。

また、モハメド・サラーもモウリーニョと激しい口論をした選手の一人だったよ。

それは当時のモウリーニョのメンタリティだった。今ではそんなことはしないと思うよ。歳を重ね、より成熟して、今では若い選手だけでなく、選手全般への対処法をよりよく理解している」

【関連記事】今季監督をしている「世界的名プレーヤーたち」10名

かつては監督のジョゼ・モウリーニョもかなり尖っており、若いケヴィン・デ・ブライネやモハメド・サラーに対してうまくケアが行き届いていなかったという。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら