16日、日本代表チームはパナソニックスタジアム吹田でワールドカップ・アジア2次予選のミャンマー戦に臨んだ。

『ABEMA』では元日本代表DFの坪井慶介氏、そして俳優の影山優佳氏が解説者として試合の放送に参加した。

日本代表は前半で上田綺世の2ゴール、鎌田大地のミドルシュートで3-0とリード。さらに後半に上田綺世がハットトリックを決め、さらに84分には堂安律が裏に抜け出して5点目を奪取した。

5-0と勝利した試合後、古巣ガンバ大阪の本拠地でゴールを決めた堂安律は以下のように話していた。

堂安律

「パナスタでゴールを決められたことは感慨深いものがありますし、たくさんのガンバ大阪サポーターも来てくれてると思うので、本当に嬉しく思います。

ゴールはオフェンスの選手にとっては一番素晴らしいものなので、試合に入ったときから狙っていました。

ただ、一番はこうしてチームが勝てたこと。それが嬉しく思います。

シリア戦も厳しい戦いが続くと思うので、気を引き締めて準備したいと思います」

【関連記事】日本代表「歴代最高のアウェイユニフォーム」5選

なお、この後日本代表は21日にシリア代表と中立地のサウジアラビアで対戦する予定となっている。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら