J2の3~6位チームがJ1昇格をかけて戦うJ1昇格プレーオフ(PO)・清水エスパルスvsモンテディオ山形戦が25日清水ホームで行われ、0-0でJ2リーグ4位の清水が決勝進出を決めた。

前半は山形が堅守速攻をベースにサイドを使った縦に早いサッカーに対し、清水は丁寧にパスをつなぎながらミドルシュートを織り交ぜて迎え撃つ構図となった。両雄果敢に攻めるも決め手を欠いて0-0で前半を終えた。

後半になると清水が山形ゴールに猛攻を仕掛けるも、山形の堅守を割ることはできなかった。それでも年間リーグ順位で山形を上回る清水がスコアレスドローで決勝へ駒を進めた。

【関連記事】<インタビュー>15季ぶりのJ1復帰へ!J2で躍動する現代型サイドバックJ2千葉MF髙橋壱晟がJ1昇格プレーオフにかける思い

清水はPO優勝を決めれば、1シーズンでのJ1復帰となる。決勝は来月2日に午後2時5分に決勝に進出したリーグ戦上位クラブのホームで行われる。清水の決勝の相手は26日午後3時に味の素スタジアムで行われる東京ヴェルディ対ジェフユナイテッド千葉の勝者(東京Vは引き分けでも勝ち抜け)となる。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら