毎週木曜日に『DAZN』で更新されている「内田篤人のFOOTBALL TIME」。

今回は2023年のJリーグを制覇したヴィッセル神戸の酒井高徳、武藤嘉紀、山口蛍、そして大迫勇也の4名をゲストに迎えて行われた。

4人ともヨーロッパでのプレーを経験してからJリーグに戻ってきたという選手。内田から「日本に合わせるのは難しかった?」と聞かれると…。

酒井「攻撃の選手と守備の選手は違うと思うんです。こっちはリアクションの側なので、難しいというのはあまりなかったですね。

どちらかといえば、スローだし、仕掛けてこないし、目が合わないし。緩くなっちゃうんですよね。自分を律しないと油断したミスとかしてしまう」

内田「そうなんだよね!オレが日本に戻ってきて神戸と試合したとき、ゴウトクと対面したのよ。後ろからゴリゴリ行ったら、『来いや!もっと来いや!』って言われたのよ(笑)」

酒井「バチバチやるのをめっちゃ楽しみにしてたんで。久々にバチバチやれる人とやれるわ!と。

当たってくる人も少ないし、仕掛けても来ないし。ちょっと前に立ったらすぐにスピードダウンしちゃうし。

ちょくちょく対戦するウインガーの人には言うんですよ、『お前もっと来いや』って。それをみんな嬉しく感じてくれていて。

この間の浦和戦ではボランチで出てたんですけど、大久保くん(大久保智明)が寄ってきて『マッチアップしたかったです』って言ってくれて。

だから『お前もっと来いよ、ドリブルタイプだろ?』って言ってたんですよね。みんなそういう反応してくれるから、嬉しいですよね」

【関連記事】6連勝の日本代表、“圧倒的強さ”を支える「中心選手」5名

守備の選手はリアクションなのでフィットするのは難しくなかったものの、Jリーグがかなり緩く感じてしまったという。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★