先日、インドネシア代表DFジャスティン・ハブナーがウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズからJ1のセレッソ大阪へと期限付き移籍した。

オランダ生まれで20歳の左利きディフェンダーであるハブナーは、今季ウォルヴァーハンプトンのリザーブで活躍を見せていたものの、トップチームではカップ戦でも出場機会がなかった。

レスターU-21戦でゴールを決めたハブナー

ウォルヴァーハンプトンは夏に彼をローン移籍で修行させる方針だったが、それを前にしてセレッソ大阪からのオファーが届き、日本へと期限付きで送り出すことを決めたという。

『WARTAKOTA Live』によれば、この移籍についてインドネシアサッカー協会の会長を務めているエリック・トヒル氏は以下のように喜んだとのこと。

「(ジャスティン・ハブナーのJリーグ移籍は良いことか?)

そうだ、それは良いことだよ。我々の選手の多くは、自身の所属するクラブチームで多くの試合に出場してプレーする必要があるからだ。

ただの控え選手であるのならば、それは残念なことだ。私はいつもコーチ陣に言っている。選手たちが集まったとき、コーチたちは彼らが普段プレーしているかどうかを見るものだ。もし控えであれば、まずはフィジカルやプレースタイルを向上させなければならない。

ヨーロッパの国を見れば、主力選手がクラブで十分にプレーしているため、すぐに使うことができる。だから重要なのだ」

アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

なお、4月15日から開始されるU23アジアカップ(パリ五輪最終予選)ではネイサン・チョエ・ア・オン(スウォンジーからヘーレンフェーンにローン)、エルカン・バゴット(イプスウィッチ・タウンからブリストル・ローヴァーズにローン)、そしてハブナーを招集したいと考えているそう。

エリック・トヒル会長は「彼らはレンタル移籍中なのでコメントができない。クラブが手放してくれるようにロビー活動をしている」と話したそうだ。

【厳選Qoly】予選メンバー外も…まだ「パリ五輪行き」があり得る国内の5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら