日本代表に復帰した小川航基とともにオランダ1部のNECナイメーヘンでプレーする佐野航大。

20歳の新星MFは今年に入ってから活躍を続けており、現地での評価も上昇している。チームメイトのブラム・ナイティンクも評価しているようだ。

33歳のベテランDFである彼は、『Jarda Podcast』で「オランダのユース代表でフィルヒル・ファンダイクやステファン・デフライともプレーしたことがある」と述べつつ、こうも話していたそう。

「(最も期待する選手は)ディルク・プロパーか佐野航大。航大には本当に驚かされたよ。特にシーズン序盤と今を見るとね。ディルクも素晴らしい」

佐野の成長ぶりには驚かされたようだ。なお、プロパーは22歳の小柄な守備的MF。

日本代表、森保監督が招集するしかない!いま絶好調の5名

191cmの大型センターバックであるナイティンクは、NECでデビューした後、アンデルレヒト、ウディネーゼ、サンプドリアを経て、昨年古巣であるNECに復帰した。

【厳選Qoly】フランス代表、「EURO2024に出場できない6名の招集漏れスターたち」