ドイツ2部のウニオン・ベルリンは、日本代表DF内田篤人と契約したことを公式発表した。

2010年からシャルケ04でプレーしてきた内田であるが、このところは怪我の影響によって長期の欠場を余儀なくされてきた。

昨季ようやくピッチに戻ってくることに成功したものの、今夏はチームの構想から外れたと報道されており、移籍の可能性が高いと伝えられた。

ウニオン・ベルリンは昨季のドイツ2部で4位となり、惜しくも昇格を逃している。今季は3試合を終えて2勝1分けと好調で、勝点7は首位のサンドハウゼンと並んでいる。