ウェスリー・スナイデルへのオファーをインテルに断られたマンチェスター・ユナイテッドだが、すぐにターゲットを変更。今度はブレーメンの司令塔メズト・エジルに白羽の矢を立てた。

しかし、何が何でもポール・スコールズの後継者を獲得して、“ルーニー依存型”からの脱却を図りたいユナイテッドの気持ちは理解できるが、これもブレーメン側に却下され、計画失敗に終わる可能性のほうが高いかもしれない。