今年からウェストハムの一員となったデンバ・バは、昨年まで所属していたホッフェンハイムに対して不満をぶちまけた。

「あそこはもうクズみたいなもんだったよ。クラブのGMエルンスト・タナーのやり方に合わせようとしたが、彼のおれに対する扱い方は敬意のかけらもなかった」
「あいつらは『放出する可能性がある』と言っていた頃から既におれを売却することを決めていたんだ。おれがチームを去りたいと思った時からね。おれにとって、お金はサッカーをする上でのモチベーションにはならない。サポーターたちはおれのはっきりとした考えをわかってくれていると思っている」

(筆:Qoly編集部 T)