チェルシーの新監督となったアンドレ・ヴィラス=ボアス。新進気鋭の名指揮官が、ロマン・アブラモヴィッチという大きなバックアップを用い、どのような補強戦略を採るかは見物だが、大型補強も一つの選択肢として考えているようだ。

「どのクラブにもそれぞれの考え方があると思うが、我々は我々のやり方で移籍市場を動かすことができる。そして、アーセナルも別のやり方で移籍市場を動かすことができる。将来性のある優れた若手を獲得することによってね」
「このやり方の違いは文化の違いだ。我々は、彼らのビジネスの仕方にも尊敬しているよ」
「私自身も彼(ヴェンゲル監督)の方法論はリスペクトしているんだ。もちろん、彼が我々のやり方に敬意を払わないのであれば、話は別だが・・・」
「(大型移籍について批判的なヴェンゲルの)意見はあくまでも意見。彼の考えだ。マーケットに対するアプローチの仕方がチェルシーとアーセナルでは違うからね」

ポルト時代には難しかった、高額選手の取引が可能となった今、33歳の若き舵取り役がいかにしてチームを動かすか。注目度は日に日に増すばかりだ。

(筆:Qoly編集部 T)

大人気カテゴリー!
コパ・アメリカ2011ゴールドカップ2011