5月23日、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドは、公式サイトで「フランス代表DFパトリス・エヴラとの契約を一年延長した」と発表した。

パトリス・エヴラは1981年生まれの33歳。2006年にモナコからマンチェスター・ユナイテッドに加入し、8年半に渡ってレギュラーとして活躍してきたが、今夏は33歳という年齢、チーム体制の変化、さらに契約が満了になることから、インテルやユヴェントスへの移籍が噂されてきた。

しかし、最終的にエヴラは12ヶ月の契約延長にサインしたと報告された。公式戦379試合に出場し10ゴールをあげてきたベテランサイドバックは、少なくとももう1年オールド・トラッフォードに留まることを決断したようだ。