8月10日、マラガの本拠地ラ・ロサレダで行われた”トロフェオ・コスタ・デル・ソル”。時折プレーしない時があるものの通常は毎年行われ、1961年から続く歴史ある大会である。1977年には日本代表チームが招待されていることもあり、縁がある大会だ。

今季はフィオレンティーナを迎えて行われ、主催のマラガは2-0と敗戦。5大会連続の優勝は成らなかった。

ところで、この大会はとにかくトロフィーが豪華なことで1部で有名であり、「チャンピオンズリーグよりすごい」とよく話に出てくることで知られる。やはり、今年もその大きさが各方面で話題となっているようだ。

サヴィッチ選手、くれぐれも腰を痛めないように気を付けてください……。