先日報じられていたのはユヴェントスのスペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテの獲得。バレンシアはマンチェスター・シティから借りているアルバロ・ネグレドの去就が不明瞭であり、その後釜となるストライカーが必要となる。

ただユヴェントスは今季カルロス・テベスがボカに復帰する可能性があるということで、それなりに活躍を見せているジョレンテが市場に出る可能性はそれほど高くはないだろう。

前線ではまたマンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリーに貸し出されているハビエル・エルナンデス"チチャリート"の噂もある。逆にこちらは市場に出ることは間違いないが、その分他のクラブとの競争が激しい状況となる。

放出については、アンドレ・ゴメスがチェルシーから興味を集めていると言われているが、その点については選手本人が否定している。

ニコラス・オタメンディについてもマンチェスター・ユナイテッドからの関心という報道は最近沈静化しており、実現の可能性はそれほど高くないと言えそうだ。