スティーヴ・マクラーレン
(ニューカッスル・ユナイテッド監督)

「AZアルクマール時代のことを覚えている。私はトゥウェンテに加わっていた。

彼はシーズンの初めに多くの批判を受けていた。前の年も良くない結果で、開幕から2、3試合で負けた。『次の試合に勝てなければ、彼はクビにされるな』と彼らは言った。

しかし、ファン・ハールは次の試合に勝ち、哲学にこだわり、22試合を勝ち進んでいった。そしてリーグタイトルを勝ち取ったんだ。

そして彼はドイツへと行った。そして私はヴォルフスブルクへ行き、彼の後を追った。そしてまた見たんだ。

バイエルン・ミュンヘンも同じだった。ドイツのサッカーを変え、ポゼッションをベースとした新しい哲学を植え付けようとし、そして苦しんでいた。

私は11月のことを覚えている。私はユヴェントスへと行き、こう書かれているのを読んだ。『もし彼がユヴェントスに負ければ、おそらくクビになるだろう』と。

ファン・ハールは4-1で勝利した。彼らは他の試合でも負けず、ブンデスリーガを勝ち取った。

そして、彼は昨季プレミアリーグにやってきて、まさしくそのようなスタートを切った。そして彼はその哲学で正しい道を進むだろう。

それは時間がかかることなのだ。そして誰もが哲学を持っている。

我々はここに一つの哲学を持っている。そして、それを支持している。もし正しいプロセスを進めば、苦しい時期をやり過ごせる。そうしなければならないし、そうなれば正しいものを得られる。それは良いものだ」

【厳選Qoly】スゴいメンバーだ…長谷部誠がプレーした「最強のチームメイト」ベストイレブン

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら