こちらの動画で詳しく解説がされている。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

右サイドのダニエウ・アウヴェスにロングボールが渡る直前、メッシは中央に、ネイマールは左サイドにおり、スアレスはトップ下のポジションにいた。

アウヴェスがエリア付近でボールに追い付いた瞬間、メッシ、ネイマールはゴール前へ鋭く飛び込み、ソシエダの3人のDFは咄嗟に対応にあたる。そうすることでファーサイドにぽっかりとスペースが生まれた。

そこへスアレスは獲物を捉える前の猛獣のように静かに、誰にも気付かれず、また、呼吸を乱すことなく侵入し、最後は冷静にボレーで叩き込んだのである。

スアレスのスーパーボレーばかりに目がいくが、全てが連動したなかで生まれたゴールであったと言えるだろう。

また、この3人は後半アディショナルタイムにも完璧な連携からゴールを生み出している。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

メッシが決めて「MSN」揃い踏み!

メッシの負傷中、スアレス、ネイマールの2人がゴールを量産した時には「もしかしてメッシがいないほうが強いのでは?」という感想を抱いたファンも少なくないだろう。

だがスアレス、ネイマールはメッシ不在中にパワーアップした部分を相殺することなく「メッシシステム」に取り込むことに成功し、さらなる進化を遂げているようだ。