すでに広く伝えられているヨハン・クライフ死去のニュース。

第一報から半日ほどしか経過していないが、様々なサッカー関係者からお悔やみの言葉が届いている。

クライフといえば、やはり背番号14。今や人気の背番号であり、クライフに憧れてつけるようになった選手も少なくはないはずだ。

そんな「14」のアイコニックな存在でもあるスターたちが、Twitter上で次々と声明を発表している。

リヴァプールやレアル・マドリー、バイエルンといった強豪で長らく「14」をつけるシャビ・アロンソ。

「あなたの"14"は特別だ」と記し、偉大なるレジェンドの冥福を祈った。

アーセナルで長く14番をつけたティエリ・アンリも、「ヨハン・クライフ、安らかにお眠りください。あなたは様々な手段でサッカーを変化させたレジェンドの一人として記憶されることだろう」とツイート。

アロンソ同様、背番号14が大きく写った写真を添付しているのは偶然ではないだろう。

そのプレースタイルや風貌から、ヨハン・クライフとも比較されることの多かったルカ・モドリッチ。トッテナムで14番をつけ、一時はクロアチア代表でも背負ってプレーしていた。

クライフの写真の前でクライフのユニフォームを掲げる自身の写真を載せている。やはりモドリッチとしてもクライフは特別な存在であるようだ。