『Daily Mail』は「アイルランドのアシスタントコーチを務めているロイ・キーンは、イタリアサッカーの素晴らしさを語った」と報じた。

かつてマンチェスター・ユナイテッドで長く活躍し、闘将と呼ばれたロイ・キーン。現在はアイルランド代表のアシスタントを務め、水曜日にはイタリアとの試合を控えている。

記者会見に望んだキーンは以下のように話し、イタリアのサッカーを見るために金を払えると語った。

ロイ・キーン

「私は本当にイタリアのサッカーを楽しむことができるんだ。彼らを見るために金を払えるね。

スタッフとともにそれを話していた。彼らは守備をすることを本当に楽しんでいるように見える。それは彼らにとって面倒な仕事ではなく、ブロックを形成していく。

『彼らはそこに問題を抱えている』と思う人もいるだろう。

そのシステムは、彼らに適したものであるように見える。むしろ、それが自慢なのだよ」

「私はいつもチャンネル4を見ていたよ。ガッザ(ポール・ガスコイン)、マラドーナがナポリにいる時にね。

常にイタリアサッカーのファンであったし、彼らの戦う手法を楽しんできた。

我々はミランとユヴェントスを相手に厳しい戦いを経験した。彼らに対する批判もあるが、私は常に『タフな男たちだ』と思っていたよ」

(アイルランドは1994年ワールドカップでイタリアと対戦し、1-0で勝利している)

「ただ、現実的には数週間後に我々は敗退し、イタリアは決勝に行くわけだけどね。イタリアのサッカーってのはそういうものなんだよ」