7日に行われたEURO2016の準決勝、ドイツ対フランス戦。

試合に勝利し決勝進出を決めたフランス代表の選手たちは、試合後スタッド・ヴェロドロームのピッチであるセレブレーションを行った。

これは、大会を盛り上げたアイスランド代表が試合後に必ずやっていた「バイキングクラッピング」と呼ばれる手拍子だ。

選手とファンが一つになって行うこの“儀式”。その一体感や雰囲気は圧巻であり、強敵ドイツに勝利したフランスの選手たちは、ヴェロドロームでこのセレブレーションを“パクった”のだ。

こうしたパフォーマンスに著作権などないはずなので“パクる”という表現自体がどうかとも思うが、このセレブレーションを認知させたのはアイスランドである。

今回の件に関してアイスランドがどのような反応を見せるのかに注目が集まっていたのだが、早速代表チームのTwitterアカウントがこんなツイートをしていた。

フランスがやった手拍子の動画を紹介しつつ、「フランスが我々のチャントをやってくれて良かった」とコメント。怒るどころから喜んでた!

とはいえ、“本家”としてのプライドも忘れていなかった。「だけど、どの国もアイスランドほど上手くはできないよ」と書き加えていたのだ。このユーモアはナイス!

さらにアイスランドは違った動画も紹介。

自分たちが有名にしたセレブレーションがどんどん波及していく様子を好意的に見ているようだ。

ちなみにこのチャントだが、アイスランドが紹介しているように"Uhh(ウー!)"ではなく"Huh(フー!)"。