1位、マンチェスター・シティ

世界で最も有名な監督であるペップ・グアルディオラの招聘は、シティのオーナーたちの長年の夢だった。それがついに実現した。

シティのスカッドは質を備えながらしばしばインスピレーションとモチベーションに欠けているように見えた。彼らのさらなる力を引き出すには、グアルディオラは完璧なチョイスといえる。

彼はぶれない完璧主義者だ。グアルディオラによってシティがプレミアリーグのタイトル奪還することだろう。

8位、レスター

今季のレスターは、優勝も降格もないだろう。再び優勝争いをするとは思わないが、その勢いと自信を信じるだけの理由はあり、またいいシーズンを送るはずだ。

エンゴロ・カンテは失ったものの、王者が立ち止まっていると言える者はいない。アーメド・ムサはエキサイティングな補強になりえるだろうし、中盤強化のために高く評価されるナンパリス・メンディもやってきた。移籍市場の最後にリヤド・マフレズを失うようなことがなければ、トップ10入りは固い。

ちなみに、昨季の順位表はこちら。

果たして、今季はどんなシーズンとなるだろうか…。