『Supersport』は「タンザニアのヴォーダコムU-20リーグにおいてエンバオFCのDFイスマイル・ムリショ・ハルファンが死去した」と報じた。

記事によれば、事件が発生したのは日曜日に行われたエンバオFC対ムワドゥイFCの試合中であるそうだ。

死去したのはエンバオFCのDFとして出場していたイスマイル・ムリショ・ハルファン。早い時間にゴールも決めていたが、その後ムワドゥイのDFと衝突したことをきっかけに心臓発作を起こしたという。


ピッチ上で緊急救命措置を受け、その後ブコバ地方の病院に運ばれたとのことであるが、そのまま息を引き取ったとのこと。

なお、ムスリムであるイスマイル・ムリショ・ハルファンは月曜日にイスラム教の儀式に則る形で埋葬されたとのこと。

サッカー観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら