キリアン・エンバッペらの活躍で躍進を見せるモナコ。このほど、日本語でこんなツイートをしていた。

「1年前の震災で大きな被害受けた熊本へ、本日、哀悼と連帯の意を表します。

ASモナコは、皆さんをサポートします!」

さらに、熊本県PRマスコットキャラクターである「くまモン」の姿も。モナコのマスコット「Bouba」と会った際には、ロアッソ熊本のユニフォームも着ていた。

昨年発生した熊本地震へのトリビュートとして、29日にモナコのスタッド・ルイ・ドゥでチャリティを含めたイベントが行われたのだ。

先日、ロアッソ熊本はモナコとパートナーシップ協定を締結。この日に行われたリーグアン第30節、モナコ対トゥールーズ戦は「熊本地震復興支援マッチ」としても位置づけられていた。

試合前には、モナコの副会長らから熊本県を支援するための義援金が贈呈されたとのこと。この記念の試合に「くまモン」も駆けつけていたようだ。

そんな一戦はエンバッペらのゴールでモナコが3-1で勝利。18歳のエンバッペは、21世紀において最年少でリーグ15得点に到達した選手になったという情報も。