現実案

ラカゼットはアーセナルのどこにフィットするのか

誰もが愛する3-4-2-1だが、ヴェンゲル監督は絶望的な状況に追い込まれてはじめてこのシステムに移行した。

エクトル・ベジェリンの残留を説得できた場合、今季は4-2-3-1システムに回帰する可能性が高い。

グーナーたちは認めたくないだろうが、アレクシス・サンチェスは今季いないかもしれないというのが現実だ。より現実的に物事を見ると、アーセナルは今季4-2-3-1に戻るだろう。

ラカゼットは間違いなく『9番』として、クリエイターであるエジルの前で前線を牽引するはずだ。そして、エジルの両脇を固めるのは、ウェルベックとウォルコットだろう。

異なる資質を持った2人のスピードスターは、エジルを完璧に補完するはず。

ウェルベックはチームにハードワーク、利他的なラン、クリエイティビティを与える。一方のウォルコットは、よりゴールを脅かす存在だ。ラカゼットとともにDFの裏に走り込むことで、アーセナルは本当に脅威的になるはず。

【次ページ】ワイルドカード