アレシャンドレ・パト

(ミランでの時間について)

「多くの記憶があるよ。一つのことだけを選べないね。ミラネッロでの最初の数日、そしてスクデット。共に王者になった多くのチームメイト、彼らとの友情。決して忘れないね。

あそこに到着した時、僕はまだ10代だった。ブラジルの選手が核になっていた。まるで家族のようだったよ。

カカ、ロナウジーニョ、エメルソン、チアゴ・シウヴァとはとても仲が良かった。でも、ガットゥーゾやマルディーニらのイタリア人選手も好きだったよ」

(今のミランについて)

「新しいジャージを送ってくれたんだ!そしてInstagramに載せたよ。

このような愛情には幸せを感じる。ベルルスコーニ会長にはとても感謝している。いつも僕を信じてくれた。

ミランには中国のオーナーがいる。ここにも多くのファンが居るのを見て、嬉しく思うよ。

これはベルルスコーニが30年間獲得してきた勝利のおかげだし、中国のオーナーは好奇心と期待を作ってくれているよ」