元オランダ代表MFクラレンス・セードルフが、監督に復帰するかもしれない。

『Globo』によれば、彼はブラジル1部のアトレチコ・パラナエンセと交渉しているという。

セードルフは現役最後にブラジルのボタフォゴでプレーしている。すでに現地入りして交渉に臨んでおり、契約を結ぶ可能性があるとのこと。

今季11位だったアトレチコ・パラナエンセは、ファビアーノ・ソアレス監督が先週辞任していた。

なお、チームには元セレッソ大阪のMFパブロ、元柏レイソルのFWエデルソン(今季は柏からローンという情報)らが所属している。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら