4位:メスト・エジル

メスト・エジル アーセナル

アレクシス・サンチェスがアーセナルを去る前には、クラブは彼に大きく頼っていると多くの人が考えていた。

確かにサンチェスはスコアラーであり、クラブを何度も救ってきた。しかし、実はその成功の背後にはエジルがいたことがなんとなく分かってきただろう。

彼よりも優れたビジョンを持っている人はほとんどいない。守備のタスクが欠如していることに批判はあるが、攻撃では試合を手にできる。

2006年にデビューして以来、トップ5のリーグで無数のチャンスを作り出してきた。そこに至った選手は数少ない。

アーセナルが彼を必要とした時、大きなプレッシャーがかかった。エジルはその中で最善を尽くした。去就が不安定な中でも、不満を見せなかった。

今後は週35万ポンドの給与を受け取ることを考えれば、ファンの期待は更に大きくなるが、彼はそれに応えるだろう。