ディエゴ・フォルランの記録を更新し、ウルグアイ代表の最多得点者となったルイス・スアレス。

リヴァプール時代は33試合31得点をマークするなど驚異的なペースでゴールを積み重ねていたが、バルセロナに渡ってもその勢いは落ちることがない。

そんなスアレスはリヴァプールでの4シーズンで69得点を記録した。

実はプレミアリーグ史上唯一の快挙を成し遂げていたようだ。同リーグのTwitterアカウントが紹介してくれた。

その快挙とはハットトリックに関するもの。

なんでも、1試合で3得点全てがペナルティエリアの「外側」からだったのは、ハットトリックの全313例の中でスアレス以外にいないのだという。

スアレスがこの快挙を成し遂げたのは2012-13シーズンの第6節ノリッジ・シティ戦。

2分、38分、57分のそれぞれにペナルティエリアの外側からゴールを決めている。それにしても、どれもシュートが上手すぎる…。

ちなみに、スアレスがプレミアリーグでハットトリックを記録したのは6回。うち3回がノリッジ戦である。