『Watford Observer』など各メディアは、「プレミアリーグで2019-20シーズンから冬休みが導入されることになった」と報じた。

クリスマスから年明けにかけて多くの試合が行われることで有名なプレミアリーグ。さらにFAカップやリーグカップ、その再試合まで加わるため、非常にタイトなスケジュールを余儀なくされた。

しかし今回プレミアリーグ、イングランドサッカー協会、イングランドフットボールリーグ(2~4部)の3者が、2019-20シーズンから冬休みを導入することで合意したとのこと。

予定では、クリスマスや正月を終えてからの2020年1月~2月に13日間の休息を入れるというプランとなっている。

またFAカップについては再試合のルールが撤廃され、延長とPK戦で勝敗をつける方針である。

ただ、そこには幾つかの懸念点もあるという。

イングランドサッカー協会のメンバーの一部は「交渉が十分に行われていない」と不満を述べているとも。

また、休息が適切に使用されるとも限らない。各クラブはこのスケジュールを海外ツアーでの資金稼ぎに費やすのではないかと懸念されている。

この休息は「EURO2020で代表チームのコンディションを高める」ことが目的であるため、イングランドサッカー協会はそれを防止する施策が必要になるだろうと考えられている。