今から2か月前に全身真っ赤なユニフォームで衝撃を与えたアルゼンチンの古豪インデペンディエンテが、またしても驚きのユニフォームをリリースした。

まるで普通のフルボタンシャツのような、一見するとユニフォームとは思えない大きな襟付きのクラシックなルック。特製ケース入りの数量限定販売で、19日にクラブ公式ショップで発売を開始した。

今シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

CA Independiente 2018 Puma Limited Edition

インデペンディエンテ 2018 Puma 限定版 ユニフォーム

9個のボタンが付いたこのユニフォームは、1948年のリーグ優勝から70周年を記念したもの。最大のライバルであるラシン・クラブとの「アベジャネーダ・ダービー」は1勝1敗の痛み分けとなったが、リーグは9年ぶりに優勝した。

襟や袖口などの差し色にはホワイトを配し、胸にはポケット付き。エンブレムはなくチーム名の略称「C.A.I.」のみをプリントしている。なお第一ボタンは実際に開閉できるが、他はほとんど飾りボタンだと思われる。

インデペンディエンテ 2018 Puma 限定版 ユニフォーム

左袖には70周年記念のバッジ付き。「Independiente FBC Avellaneda」と書かれた楕円形のエンブレムは、1912年から14年にかけて使われていたもの。

インデペンディエンテ 2018 Puma 限定版 ユニフォーム

このゴールドのシャツはGKキット。なおユニフォーム発表の場ではネイビーのGKキットが紹介されていた。各部の詳細はレッドのユニフォームと同じ仕様。

これは1948年当時の貴重なユニフォーム姿の写真。今回の限定版はレッド、ゴールドともにオリジナルのデザインに近いことを確認できる。

インデペンディエンテ 2018 Puma 限定版 ユニフォーム

パンツとソックスは1948年のオリジナルと同じくネイビーが基調。

この限定ユニは2,199ペソ(約11,700円)で19日に発売となったが、レッドとゴールドの両方ともすでに売り切れている。