2017シーズンのブラジル全国選手権(セリエA)は4位に終わるも、1995年以来となるコパ・リベルタドーレス優勝を果たしたグレミオ。リベルタドーレス連覇を目指す2018シーズンのホームキットが27日に発表された。

クラブは2018年で創立115周年を迎えることから、このキットは115周年記念モデルという位置付けに。一見するといつものグレミオのホームキットだが、各部に記念モデルとしてのデザインを施している。

新しいホームキットは、27日に行われたコパ・リベルタドーレスのグループステージ初戦から使用を開始した。

今シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Grêmio 2018 Umbro Home

グレミオ 2018 Umbro ホーム ユニフォーム

デザインは不変のブルー/ブラック/ホワイトのストライプだが、2017シーズンモデルは中央のラインがブラックだったのに対し、今回はブルーから始まる。ストライプの本数も増えていて、ややクラシックな印象を受ける。

胸スポンサーは“Banrisul”(ブラジルの銀行)で継続。115周年記念だからか、右胸のメーカーロゴはゴールドで彩っている。

グレミオ 2018 Umbro ホーム ユニフォーム

背面にもゴールドのメーカーロゴ。背番号には“UBER”(配車アプリ)のスポンサーロゴが入る。番号下には“Laghetto Hotéis”(ホテルチェーン)と“Unimed”(保険会社)のスポンサーロゴも。“Banrisul”も入れると背面に4社もスポンサーが付くのはリベルタドーレス優勝の効果か?