スポンサーは現在14社

――今年3月、これまでのジョイフル本田に加え、新たに7社とスポンサー契約を結んだことを発表しました。その後も増えているようですが、実際に今、何社とどのような契約を結んでいますか?

パートナープランとして3つを用意しています。ゴールド(ユニフォームへの広告露出)、シルバー(トレーニングウェア・ビブスへの広告露出)、ブロンズ(物品・サービス提供)という形でジョイフル本田様を含めて計9社のロゴを背負って今シーズンは戦っています。ブロンズパートナーを含めると、計14社と契約しています。

具体的な企業名は以下の通りです。

【ゴールドパートナー】

・株式会社ジョイフル本田(ユニフォーム胸)
・一誠商事株式会社(同背中)
・株式会社カスミ(同裾)
・トヨタカローラ南茨城株式会社(同左袖)
・株式会社Take Action´(同パンツ)

【シルバーパートナー】

・手造りどら焼き専門店「志ち乃」(トレーニングウェア左袖)
・株式会社住ゴム産業(同右袖)
・クルマ買取専門ディーラービッグインパクト(ビブス前面)
・お持ち帰り処「仲々」(同後面)

【ブロンズパートナー】

・大塚製薬株式会社
・大塚ウエルネスベンディング株式会社
・株式会社Progate
・ヤトロ電子株式会社
・株式会社クロノファクトリー

筑波大学蹴球部

※2018シーズンユニフォーム

――一部のJクラブより充実しているかもしれませんね。具体的にどのような流れで契約にまで至るのでしょうか?

基本的に学生中心に話し合いを進め、アタックリストの作成からプレゼン、契約書の作成、調印式、プレスリリースに至るまでを行いました。メンバー誰もが初めての経験なので、OBの方々にアドバイザーとしてチームに入っていただき、壁にぶつかった際は指導していただきました。

アタック企業リスト作成・セールスシート作成

電話・メールにてご連絡

訪問・プレゼン・コラボ企画の打ち合わせ

具体的な契約内容の詰め

契約書の作成・製本

調印式の実施

プレスリリース作成

プレスリリース配信

アタックする企業ごとに部員のなかから担当者を決め、契約締結まで責任をもって実行しました。部員にとっても、非常に貴重な経験となりました。

筑波大学蹴球部

※手造りどら焼き専門店「志ち乃」との調印式の様子

筑波大学蹴球部

※株式会社住ゴム産業との調印式の様子

――やはり、実際にお金を出してもらうことは大変だと思います。どんな苦労がありましたか?

最初の3カ月くらいはどの企業にも振り向いてもらえず、不安しかなかったです…。

また、当初はビジネスメールの書き方も知らない状態の部員が多く、かなり時間をかけてメールを作っていました。本当にゼロからのスタートでした。