リヨンで行われたフランス代表対アメリカ代表の親善試合。フランスにとっては本大会前最後の試合でもあったのだが、後半にアクシデントが起きた。

FWオリヴィエ・ジルーと相手DFマット・ミアズガが頭部同士で激しく接触…。流血した両者は交代を余儀なくされた。

『L'ÉQUIPE』が両者の怪我の程度について伝えている。

それによれば、ジルーは5cmの裂傷を負い、6針の縫合を受けたとのこと。そして、より激しく出血していたミアズガは、15針も縫ったとされている。

アメリカ戦で流血したフランス代表FWジルー

場所が場所だけに状態が懸念される。今後の続報を待ちたい。