日本時間の今夜未明、決勝トーナメント一回戦でベルギーと対戦する日本代表。

相手は世界屈指のタレント軍団だが、この大一番を制すと2002、2010年大会に残した最高成績のベスト16を超え、日本サッカーの歴史に新たな一ページを書き加えることとなる。

そこで今回は「過ちを繰り返すな」という想いを込め、過去6大会で日本を“敗退に追いやった”男たちをご紹介。あの悔しさを胸に、いざ、まだ見ぬ未知の世界へ。

ダヴォール・シュケル(クロアチア)

ダヴォール・シュケル

1998年ワールドカップ(フランス)
グループ第2節 0-1●

1998年当時、ワールドカップ初参加となった日本代表の展望については決勝トーナメントに「イケル」という論調が多かった。

それは同じグループではジャマイカ、クロアチアと初出場のチームが続き、アルゼンチンさえ何とかすればというのが根拠であった。しかも、クロアチアはエースストライカーのボクシッチを怪我で欠いていた。

だが、そんな世間の甘い読みを打ち砕いたのが、現クロアチアサッカー連盟の会長を務めるダヴォール・シュケルである。

今考えればクロアチアは元ユーゴスラビア代表であり、メンバーにはボバン、プロシネツキら大物揃い。シュケルもレアル・マドリーの選手であり、この大会で得点王を獲得、クロアチアは3位に輝いた。クロアチア代表通算45得点は歴代最多得点である。