『FourFourTwo』は30日、「ロシアW杯のグループステージで最も輝いた10名の選手」という記事を掲載した。

決勝トーナメントも始まっているが、32チームが戦ったグループステージで活躍した10名とは?

10位:アンドレ・カリージョ(ペルー)

アンドレ・カリージョ ワールドカップ

ワールドカップに漠然とした注目をしていただけならば、ペルーが参加しているかどうかもわからないだろう。間違いなく。

すでにチームは家に帰ってしまったが、数名の選手は非常にいいプレーをした。注目に値するのは、ウイングを務めたアンドレ・カリージョ。彼のドリブルはとくに最初の2試合で素晴らしかった。

9位:アレクサンドル・ゴロヴィン(ロシア)

アレクサンドル・ゴロヴィン ワールドカップ

トーナメントの前には、ホスト国ロシアは嘲笑の対象になってしまっていた。しかし最初の2試合で素晴らしい結果を残し、ベスト16へと進んだ。

チェリシェフがゴールを決め、長身FWジュバも目を引いたが、やはりアレクサンドル・ゴロヴィンが本物のスターだ。

ロシアが優勝すると思う人はほとんどいないだろうが、もしスペインを破るようなことがあれば…。