『FourFourTwo』は6月29日、「グループステージで「学ばせられた」10の物事」という記事を掲載した。

先月14日に開幕したワールドカップは、すでに決勝トーナメントがスタート。半分以上のチームが大会を去った。

15日間に渡っておこなわれたグループステージで学んだ10の物事とは?

前回王者は結局苦戦する

ワールドカップ ドイツ

まるで呪いのように見える。2002年にはフランスが、2010年にはイタリアが、それほど難しくも見えないグループで涙を呑んだ。

スペインも2014年にそうなってしまったし、最新の犠牲者はドイツになった。彼らが韓国、スウェーデン、メキシコのグループで最下位になると予想した者はいないだろう。

この傾向は、チームの力や忠誠心が極めて脆弱なものであるということを示している。4年間という時は短いようで長い。

ヨアヒム・レーフは長くやりすぎた

 ワールドカップ ヨアヒム・レーフ

自身が退任するタイミングを知ることは、非常に難しく、正確には不可能である。特にこの時代には。

ヴェンゲルはそうであるし、アーセナルはもっと早く解任するべきだった。一方、ジダンは早すぎたかもしれない。

レーフは偉大な革命を成し遂げた監督であるが、そのアイデアは機能しなくなった。これは彼の能力の問題ではない。最高の監督にでも起こるべきものである。