なぜなら後半はマンチェスター・ユナイテッドがクロスで砲撃してきたし、そこにフェライニまで入れてきたからね。彼の高さはいつだって難しいものだ。

彼らはどんどんクロスを入れてきた。対処するのは難しかった。

ただ、この試合は少なくとも勝点1は取るべきものだったと感じているよ」

(後半の戦術は守備的になりすぎた?)

「アウェイで2-0になったら、いつだってリードを守ろうとするものだよ。

そういうことをソファに座って言う人は、誰もピッチで戦っているわけではない。あのようなクオリティを持っている相手と実際に戦ってみれば、ぜんぜん違う話だとわかるよ」

(インターナショナルマッチウィークで中断となるが、この休みはいいもの?)

「いいや。この試合がずっと頭の中で再生され続けるのだから、悪いことだよ。それについて常に考えてしまうだろう。ただ、それはしょうがないからね」