この夏のロシアワールドカップでベスト4に入ったイングランド代表。

ギャレス・サウスゲイト監督率いるチームは平均年齢の若さも話題となり、今後さらなる飛躍が期待されている。

そんなイングランドは今月、UEFAネーションズリーグで12日にクロアチア、15日にスペインと対戦。

アウェイでの連戦に向け、代表の練習場であるセント・ジョージズ・パークに集合する選手たちの様子を公式チャンネルが伝えている。

送迎の高級車で続々と到着し、スタッフらとコミュニケーションをとる選手たち。

ほとんどの選手が着ているのはイングランド代表と契約しているNikeのウェアで、着こなしや小物などに個性が表れている。

また、多くの選手はキャリーバッグのほかに所属クラブの袋を持参している。何かといえばスパイク!

ウォームアップ用のランニングシューズとともに、到着してすぐに代表のホペイロ(用具係)へ預ける形のようだ。おそらくクラブのホペイロから袋入りで渡されるのだろう。

ほかにも普段見られないシーンばかりで、さらにハリー・マグワイアはいつ見てもデカイなど、なかなか面白い動画となっている。