27日に開幕するプロ野球・日本シリーズはセ・リーグ3連覇の広島東洋カープとクライマックスシリーズで下剋上を果たした福岡ソフトバンクホークスの対決となった。

サッカー界で広島といえばもちろんサンフレッチェ広島。現在J1で優勝争いを繰り広げ、Jリーグで活躍するユース出身選手も多数輩出している。

一方の福岡も、県内にアビスパ福岡とギラヴァンツ北九州と2つのJクラブがあり、また強豪校である東福岡高校と福岡大学に代表されるようにJリーグでは福岡で育った選手も数多い。

そこで、「広島と福岡」両県に縁のある5人のJリーガーをピックアップしてみたので紹介しよう。

駒野友一(アビスパ福岡)

駒野友一

ドイツ大会、南アフリカ大会とW杯2大会出場の実績を誇る名サイドバック。

サンフレッチェ広島で7シーズンプレー。現所属のアビスパ福岡には2016年夏に加入し3シーズン目を戦っている。

広島では2年目の2001年から右サイドバックでレギュラーに定着すると、年代別代表でも常連の選手となり2004年にアテネ五輪、さらに2006年のドイツW杯でもメンバーに名を連ねた。

当時の五輪代表がスローガンとして掲げた「アテネ経由ドイツ行き」を実現させた選手でもある。

37歳の大ベテランとなりスピードこそ落ちたものの、経験に裏打ちされた安定感とキックの精度は今も健在。J1昇格を狙う福岡でも欠かせない戦力となっている。