リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーは13日、「サンティアゴ・ソラーリ暫定監督と2021年までの契約を結んだ」と公式発表した。

先月29日にフレン・ロペテギ前監督を解任したレアル・マドリー。Bチームからサンティアゴ・ソラーリ氏を昇格させ、暫定的に指揮を執らせていた。

その間に行われた4試合すべてを勝利で終えたことにより、クラブはソラーリ氏を正式な監督として雇うことを決断。今回新たに長期契約を結んだことを明らかにした。