冬の移籍市場がオープンするまで、3週間ほどに迫ってきた。様々な噂が飛び交うなか、こんな動画が話題になっている。

タトゥーアーティスト「Willy G」が公開した映像に映っていたのは…。

左腕にタトゥーを彫る準備をしていたのは、ウォルヴァーハンプトンのポルトガル代表MFルーベン・ネヴェス。

昨年からウルヴスでプレーしている彼は、マンチェスター・シティやリヴァプールなどから関心を寄せられている21歳の新鋭だ。

そんなネヴェスが体に刻みつけようとしていたのは、ウルフ(狼)のタトゥー。これはウルヴス愛を示すもの!などと、現地で話題になっているようだ。

狼は様々なモチーフに使われているはずだが、ウルヴスに忠誠を誓うような意味合いはあるのかないのか…。