『FourFourTwo』は16日、「チェルシーのマウリツィオ・サッリ監督は、エンゴロ・カンテをセントラルミッドフィルダーで使うのはムリだと話した」と報じた。

先月のトッテナム戦で3-1と敗北したあと、チェルシーではエンゴロ・カンテのポジショニングミスが大きくピックアップされた。サッリ監督も苦言を呈し、起用の難しさを吐露していた。

ただ、その後マンチェスター・シティ戦ではカンテがゴールを決めて攻撃面で貢献。徐々に新しい役割に馴染み始めていることを見せつけた。

サッリ監督は彼の起用方法について以下のように話し、セントラルでプレーさせることはできないので、彼はもっと前に進む必要があると指摘したとのこと。

マウリツィオ・サッリ

「我々は、このようなサッカーをするためのメンバーを持っているんだ。

ジョルジーニョを獲得し、セスク・ファブレガスもいるとなれば、4-3-3でプレーしなければならないと思うのだ。

4-3-3を私のスタイルで機能させるとすれば、セントラルミッドフィルダーは非常に技術的な選手を起用することになる。

ジョルジーニョは思考スピードが非常に速い。彼は1タッチ、2タッチでプレーすることができる。セスク・ファブレガスも技術が非常に素晴らしい。

思うに、私のスタイルにおいては、エンゴロ・カンテはもっと前に進まなければならないと思っている。

誰かが違った考え方を持っていることは理解できる。しかし、私のスタイルについて考えるのであれば、君は『サッリは正しい』と言わなければならないよ」