『Voetbol International』は25日、「日本代表MF小林祐希とヘーレンフェーンとの契約が延長されるかどうかは、4月1日までに判断される」と報じた。

オランダ・エールディビジのヘーレンフェーンでプレーしてきた小林祐希。現在は2年ぶりに復帰した日本代表に招集され、親善試合を戦っている。

しかしその一方でヘーレンフェーンとの契約は今季限り。2年延長が可能なオプションは付随しているが、クラブがそれを行使するかどうかの期限は4月1日に迫っているという。

小林祐希はEU外の選手であるため、現在厳しい経営を余儀なくされているヘーレンフェーンの給与予算をかなり圧迫しているという。

コストの削減のためにヘーレンフェーンは実際1月にニュージーランド代表MFマルコ・ロハスをセンデリュスクEに放出している。

小林祐希にもデポルティーボ・ラ・コルーニャから関心が寄せられたが、その交渉は結局入札にまで至らなかったそうだ。

すでにクラブではネマニャ・ミハイロヴィッチが小林以外で唯一のEU外選手となっており、さらにチームの中心となっているMFスタイン・スハールスも給与が42万ユーロ(およそ5400万円)と高額であるため放出される可能性が高いとも。

またモルテン・トルスビーはサンプドリアに移籍することが決まっており、今夏のマーケットでは多くの退団者が出るかもしれない状況。

【関連記事】2019年に海外挑戦してほしい日本人選手を選んでみた

小林祐希は「クラブとの関係はいい。お互いに話をして、何を望んでいるのか、何が可能なのかを見ていく」と話していたとのことだが、今月末にどんな結論が出されるのだろうか。