セリエA第30節、ユヴェントスは敵地でのカリアリ戦に0-2で勝利した。

敵地サルデーニャ・アレーナでゴールを決めたのは、レオナルド・ボヌッチとモイーズ・キーン。

19歳のキーンはこれで代表戦を含めて4試合連続得点と爆発中。この数週間でまるで別人のようなパフォーマンスを見せている。ただ、この日はゴールセレブレーションが問題に(動画4分40秒~)。

 

得点を奪った後、手を広げると相手ゴール裏のスタンドを見つめ続けていた。だが、挑発的なものに見えたのか、チームメイトや相手選手からいさめれることに。この後、相手ファンから差別的なチャントがあったとも。

ユーヴェ公式HPによれば、マッシミリアーノ・アッレグリ監督もセレブレーションについては苦言を呈していたようだ。

マッシミリアーノ・アッレグリ(ユヴェントス監督)

「彼は勝ち誇るのは避けるべきだった。

あの子は子供だ、学ばなくてはいけない。

だが、(相手)スタンドからのリアクションもまた避けるべきものだった。

前半の彼はあまりにも多くの戦術的ミスがあったが、後半はよくなったよ」

『Sky』によれば、ボヌッチもこう述べていたという。

レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントスDF)

「キーンのセレブレーションの後に人種差別的な野次があり、ブレーズ(・マテュイディ)が怒った。

責任の50パーセントはモイーズ、残り50パーセントは相手サポーターにあると思う」

【関連記事】酒井宏の同僚、51歳セレブと電撃破局!プロポーズ後に振られる

今週末にはミラン戦が控えるユーヴェ。ボヌッチにとっては古巣とのバトルになる。