優勝争いはマンチェスター・シティとリヴァプールに絞られたプレミアリーグ。だが、トップ4入りに向けた戦いは熾烈になっている。

そうしたなか、アーセナルは第33節エヴァートン戦に1-0で敗れてしまった。前半10分にロングスローからフィル・ジャギエルカが決められたゴールが決勝点に。

 

もし勝っていればトッテナムを抜いて3位になっていただけに、アーセナルにとってはまさに痛恨の敗戦。

『talkSPORT』によれば、今季のプレミアリーグでアウェイでのクリーンシートが1試合もないのはアーセナルだけだそう。

ホームで7度のクリーンシートを達成している一方、敵地では15試合で計28失点している。

ホームではマンチェスター・シティとの開幕戦に敗れて以来、リーグ戦無敗の強さを誇っているのだが…。

ベルント・レーノ(アーセナルGK)

「(なぜホームとアウェイでこんなに差があるのか?)

正直、分からない。

でも、僕らはまだいい順位にいるし、雰囲気もいいよ。

1つの試合に負けることは問題ではないさ。

進み続け、ハードワークを続け、自分たちのスタイルでプレーしなければいけない。まだ状態はいいよ」

【関連記事】「アーセナル、完璧にフィットするはずの補強ターゲット5名」

今週、アーセナルはミッドウィークにELナポリ戦(ホーム)、そして週末には敵地でのワトフォード戦が控えている。