『Gazzetta dello Sport』は12日、「元イタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォンは、来季も現役を続ける意向である」と報じた。

今季はPSGでアルフォンス・アレオラとの併用という形で起用されてきたブッフォン。しかし契約は今季限りとなっており、延長のオプションも行使されない可能性が高まっている。

アイントラハト・フランクフルトからケヴィン・トラップが戻ってくること、トーマス・トゥヘル監督がGKを固定したがっていること、そしてチームのフロントがブッフォンのCLにおける決定的なミスを気にしているためだという。

【関連記事】ブッフォンだけじゃない! 「1000試合出場」を果たした現役の“鉄人”たち

しかし、ブッフォンは今年41歳になったにもかかわらず、来季も現役選手としてプレーし続けることを決めているそうだ。

また彼が掲げていないタイトルの一つであるチャンピオンズリーグを獲得するため、出場権を持っているクラブからのオファーを検討しているとのことだ。