日本代表選手も多くプレーするオランダとベルギー。両国の一部クラブによる合同リーグ構想が持ち上がっていると、『Voetbal International』が伝えた。

『BeNeLiga』という新リーグについて協議する秘密会議に集結したのは両国の10クラブとサッカー連盟。

その内訳は、アヤックス、PSV、フェイエノールト、AZ、フィテッセ、ユトレヒト、クルブ・ブルッヘ、スタンダール、アンデルレヒト、ヘンク。なお、ヘントは除外されたとのこと。

背景にあるのは、欧州コンペティションの再編。UEFAは3つのディビジョンに分かれた巨大な欧州リーグの導入を検討しているのだ。

ただ、2024年からの導入が検討されているものの批判も大きいため、実行されるかは不透明。

オランダとベルギーの合併リーグ構想はこれまでも幾度となく持ち上がってきた。ただ、文化の差異などもあり、一度も実現せず。

【関連記事】今夏、海外の日本人選手はどこへ行くのか?現在の噂を追う

3年前にはオランダのTOP3クラブと北欧トップチームとの新リーグ構想も持ち上がったが、こちらも頓挫している。