2017年夏にガンバ大阪からオランダ・エールディビジのフローニンゲンへとローン移籍していった堂安律。

8月にはリーグ戦初先発を果たし、さらに9月には初ゴールも奪取。すぐにオランダで力を発揮し、クラブの中心選手となった。

今夏は多くのクラブが獲得に動いているとも言われており、オランダリーグ全体でも注目されるべきタレントとなっている。

彼はなぜオランダリーグで成功することが出来たのか?そして、吉田麻也や小林祐希などの日本人選手もなぜ活躍できたのか。堂安は以下のように話したそうだ。

堂安律

「(日本人がオランダリーグで活躍できる)理由をはっきり言えるかわからないですけど、まずは日本人にポテンシャルがあることが間違いないと思いますし、それプラス…」

【関連記事】逆に「Jリーグでプレーしたオランダ代表」選手って誰がいた?

来季はそのオランダにとどまるのか、それとも他のリーグへと羽ばたいていくのだろうか。そして今夏も「日本人が合う」オランダで堂安律に続く選手は現れるのか。