16節を消化した明治安田生命J2リーグで現在15位のジェフユナイテッド千葉。

近年は夏の試合で特別ユニフォームの着用が恒例となっているが、今年も8月と10月のホームゲーム3試合で使用するサマーナイトユニフォームが発表となった。デザインは地域の特色を前面に押し出した「工場夜景」となっている。

2019シーズンのJリーグ新ユニフォーム情報はこちら!

JEF United Ichihara Chiba 2019 Kappa Summer Edition

ジェフユナイテッド千葉 2019 Kappa 夏季限定ユニフォーム

昨季はホームタウン広域化15年記念としてリリースした夏季限定ユニフォーム。2019年バージョンは、近年大きな注目を集め、観光資源のひとつと言われる「工場夜景」をデザインに採用している。

ジェフユナイテッド千葉 2019 Kappa 夏季限定ユニフォーム

デザインはユニフォームによって異なる。フィールドプレーヤーの前面は市原市内の工場の風景で、石油化学工場の青白い光を再現。背面は千葉市内の工場の風景をデザインしている。

市原市の石油化学プラントは青白いライトが特徴で、養老川河口付近の公園が工場夜景の鑑賞ポイントとのこと。

ジェフユナイテッド千葉 2019 Kappa 夏季限定ユニフォーム

コンプリートルックはこのような感じで、パンツとソックスはネイビーを基調とする。