今季無冠に終わったレアル・マドリーはついにベルギー代表MFエデン・アザールの獲得に成功した。これは大補強の始まりに過ぎないという声もある。

補強ターゲットのひとりとされているのが、リヨンのフランス代表DFフェルラン・メンディ。彼は24歳の左サイドバックだ。

フェルラン・メンディ

そうした中、フランス代表のディディエ・デシャン監督がこの移籍に言及した。『lequipe』によれば、会見の席でこう答えたという。

ディディエ・デシャン(フランス代表監督)

「フェルランはものすごい進歩を遂げた。

2年前にはリーグドゥ(仏2部リーグ)にいた彼がレアル・マドリーに行くことになる」

「移籍市場は数人のフランス代表選手に影響するかもしれない。

フェルラン・メンディのようにレアルから(オファーが)来るとは予期していなかった選手には」

さすがに決まったと断言したわけではないが、同紙では、正式決定は時間の問題とも伝えている。

【関連記事】 「レアル・マドリーが置き換えるべき3人のスター選手」

デシャン監督は「彼には多くの資質がある。両足も使えるし、絶えず進歩している」とメンディを絶賛していたというが…。