大型補強を敢行中のレアル・マドリー。リヨンからはフランス代表DFフェルラン・メンディを獲得した。

股関節炎によって歩行困難と宣告されたものの、それを乗り越えて復活した24歳の左サイドバックだ。

『AS』によれば、加入決定から10日にして初めての騒動に見舞われてしまったそう。

それによれば、レアルのスペイン代表FWルーカス・バスケスを追放(放出)しろ!というファンのツイートにいいねをしてしまったとか…。

【関連記事】 「レアル・マドリーが置き換えるべき3人の大物」

その後、メンディは「どういう意味なのか分かっていなかった。スペイン語をすぐに学ぶよ」と釈明したとのこと。