レアル・マドリーに加入した久保建英。すでにトップ選手たちからも評価を得ているが、まずはスペイン3部のレアル・マドリー・カスティージャでプレーするとも伝えられている。

そうした中、『Marca』は、カスティージャのエースFWクリスト・ゴンサレスが退団を決意したと報じた。150万ユーロ(1.8億円)でセリエAのウディネーゼへ移籍するという。

クリストは21歳のストライカー。故郷テネリフェでプロデビューした後、バルセロナの誘いを断ってレアルに移籍した選手だ。

3部リーグで得点を量産し、カスティージャのクリスティアーノ・ロナウドとも呼ばれるまでになり、今年1月にトップデビューも果たしていた。なお、レアルは買い戻し条項を付帯させる見込みとのこと。